観光を盛り立ている現在の日本政府は、短期的な目線から長期目線へシフトしてください。

日本への海外からの観光客は、ここ数年で2000万人を超える状況です。東南アジア(中国、韓国、タイ、台湾、香港、等)拡大している。その主な理由は、観光ビザの緩和や観光業者への拡大と大型客船の入港で増えた。更に、近隣の国からのリピーターの増大で、特に関西方面への食べ歩き的な側面も見られる。又、田舎の限られた場所や文化を体験する旅へ変貌し始めたことなどです。ここが、これからの日本文化をより理解して、体験して歴史ある日本の本来の姿を理解してもらうことです。更に、各地の食材と食べ物を味合い、そこに育つ社会を知り、再発見をしてもらうことが、これからの観光と考えます。東京オリンピックを迎え為にも、日本的なおもてなしと歴史ある日本文化を知り、再来日を出来るような思い出を残す国へ変貌すべきである。その為にも、道路マツプも理化できる表示にすべき、情報端末の環境を整備、管理、案内等へサービスをする時期である。日本の歴史ときんだいかの日本を提供することです。ミュゼ VIO